おはようございます。
世の中はコロナの影響で大変な事になっていますね。
皆さん不安や不満が沢山募っているのでしょうが、今はじっと堪えて、少しでも愉しい事を考えましょう。

私も中々SMが出来ず、予定していた彫りや撮影も先送りとなってしまい、愉しみを奪われて悔しいです。

でも、今の努力はきっと返ってきますよ。
だからもう少し、辛抱しましょう。


さて、本日はタイトルの通り、「痛み」と「快楽」について書かせてもらいます。

SMというと痛いとか、怖い、汚い、そういうイメージをお持ちな方もいらっしゃいますよね。

勿論そのようなプレイを好む方もいます。
でも、昨今のSMクラブは基本的に事前にカウンセリングを行い、希望のプレイやNG事項をお聞きするので、無理やり酷い事をされる事はそうそう無いから安心してくださいね。


私はMっ気は無いのですが、タトゥーの彫りやピアッシングによる痛みは好きです。
身体改造フェチなので、自身の肉体を変幻させれる事が嬉しくて。
痛みに強い訳では無いので、痛いことは痛いんですよ。
特に背中一面の筋彫りは、体が無意識に震えるくらい痛かったですね(笑)

でも今後も(コロナが収束してからとなりますが…)タトゥーは増やしていく予定です。
タトゥーは海外に比べて日本だと偏見の目を向けられやすいですし、何かと制約が付き纏い生活はし辛くなっちゃうんですけどね。

でも、一度きりしか無い人生だからね。
やりたい事やり切って息絶えたいの。


「痛み」といってもいろんな痛みがあるよね。
肉体的なものから精神的なものまで。
私はどちらも好きよ。ボコボコにリンチしたり、鞭打ちや蝋燭責め、圧迫や水責めによる呼吸管理、踏み付けたり、根性焼き、針プレイ、、、書き出すとキリが無いね。

精神的なものだと言葉責めや羞恥プレイ、逆レイプ(アナルファック)、放置や焦らしもいいよね。

精神面の話となると、主従関係もきちんと弁えて欲しいわね。
私に可愛がって欲しい、大切にして欲しい、ご褒美が欲しいのなら、それなりの誠意を見してくれないとね。


私はNG事項が少ないから、ハイレベルなアブノーマルプレイも対応出来るよ。
好きなプレイは書き出したらキリが無いのだけど、体液などのスカトロ系、王道のSMよりはフェチっ気が強いプレイの方が得意かな。

厳しめな口調からオラオラ系、優しいお姉さん風、鬼畜系から小悪魔系まで幅広くやれるよ♪


「痛み」について書かせてもらったけど、その痛みの後に「快楽」だと思うのよね。

最初から快楽だけを味わいたい方はSMクラブより一般的な風俗店(ヘルスやソープ)などを利用した方がいいんじゃないかしら。

痛みや我慢、辱めだったり屈辱、そういったものの先に快楽があると、私は思うの。

ただ射精するだけの行為だなんて面白くないじゃない?
射精する事よりも、そこに行き着く為の過程が大事だと思うの。

でも、SMの場合は怪我などに繋がる可能性のある行為があるからね。
だからこそ信頼関係が大切だと思う。
最初から全てを委ねます!だなんて方はそういないと思うけど、回数を重ねるうちにそういった信頼を得る事が出来たら嬉しいわ。


何だかんだで長文になっちゃったね。
拙い文章だけど最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

折角だから画像も貼っとくね。


IMG_6575


SMクラブペルソナhttp://www.personasm.com
望月ハナ